***競技および運営規則***

第1条 (競技規則本規定)
日本JC じゃがいもクラブで行う競技は、日本ゴルフ協会の競技規則および本規則の定めるところによりこれを行う。
第2条 (競技委員)
競技委員はすべての競技の運営に当たる。
第3条 (競技会)
1 .日本JC じゃがいもクラブ全日本選手権競技
2 .日本JC じゃがいもクラブシニア選手権競技
3 .西・中・東日本地区じゃがいもクラブ懇親競技(地区大会)
   (全日本選手権予選を兼ねる)
4 .全日本選手権競技内および各地区大会時におけるLOM 対抗戦
第4条 (資 格)
1. 競技に参加し得る者は、日本JC じゃがいもクラブに加入しているLOM
   の会員に限る。
2. 日本JC じゃがいもクラブ全日本選手権競技および各地区大会参加者
   は、ハンディキャップ(JGAハンディおよびJGA公認コ−スの倶楽部
   ハンディ)により制限する。
3. 未入会LOMからの参加希望者は,地区大会に限り大会会長の許可を
   得て出場できるが入賞資格は無いものとする。
4. 全日本選手権には参加資格を設け、参加資格は以下のとおりとする。

資格1 歴代全日本選手権者
資格2 前年度全日本選手権成績上位30位タイの者
資格3 当年度各地区大会(Aクラス)グロス20位タイの者
資格4 日本JCじゃがいもクラブの推薦を受けた者
資格5 主管LOMの推薦を受けた者
第5条 (競技方法)
1 .日本JC じゃがいもクラブ全日本選手権競技は、原則として36ホール・
   ストロークプレイとし、かつスクラッチ競技とする。
2 .各地区大会は、アンダーハンディ競技とする。
   また、参加人員の都合等により、ハンディキャップ別にA、B、Cクラス等
   に分けて開催することができる。
3 .シニア選手権は18ホールズ・ストロークプレーとし、かつスクラッチ競技
   とする。
4 .全日本選手権LOM 対抗戦は、事前に登録された4名または3名のうち
   上位3名の合計ストロークにより競う。
第6条 (成績順位)
1 .日本JC じゃがいもクラブ選手権競技において、1位が複数となった場合
   は、競技委員長の指定するホールにおいてサドンデス・プレーオフ方式
   で決定する。但し、日没または他の理由で、その日に競技不能の場合
   は、マッチング・スコアカード方式を採用する。マッチングホールは、競
   技開始前に決定しておくこと。
2 .LOM 対抗戦において3人合計スコアが同数の場合は、4人目のスコア
   を採用し、少ないストロークを上位とする。4人目が欠場の場合もしくは
   3名にて参加の場合は同順位中最下位となる。
3 .各地区大会においての順位は、原則として年長者を上位とする。(同
   ネットの場合)
第7条 (表 彰)
全日本選手権は、原則10位まで表彰する。
各地区大会は原則3位まで表彰する。
シニア選手権は原則3位まで表彰する。
LOM対抗戦は原則3位まで該当者全員を表彰する。優勝LOM は日本JC全国会員大会において表彰を受ける。
第8条 (その他)
その他の競技細則に関しては、役員会の承認を得て、大会ごとに追加・変更しても構わない。
附 則 この規則は、昭和60 年1 月1 日より施行する。
              平成 7 年3 月7 日改正
              平成13年3 月5 日改正
              平成22年3月19日改正
              平成23年3月25日改正