***基本資料 ・ 規約***

日本JC じゃがいもクラブ規約
第1章 総 則
第1条 (名称)
当クラブは日本JCじゃがいもクラブと称し、公益社団法人日本青年会議所の
分科団体に属する。
第2条 (目的)
当クラブはゴルフの栄誉ある伝統の精神を普及発展せしめると共に、ゴルフ
を通じてJC理念の涵養に資するを目的とする。
第3条 当クラブは前条の目的を達成するため、下記に掲げる競技及び事業を行う。
 (1)日本JCじゃがいもクラブ懇親競技(西・中・東 各地区年1回)
 (2)日本JCじゃがいもクラブ全日本選手権大会競技 (年1回)
 (3)各JCじゃがいもクラブ会長(役員)研修会
 (4)会員に対し、マナー・技術等に関する資料等の提供
 (5)その他、目的に必要な事業
第4条 当クラブの事務局は、青年会議所館内に置くことができる。
第5条 当クラブに加入承認され会費を納入した公益社団法人日本青年会議所会員
会議所のJCじゃがいもクラブをもって組織する。
第6条 公益社団法人日本青年会議所会員会議所において当クラブと同じ目的を有
するクラブで当クラブに加入しようとするクラブは別に定める申込書、その他の
書面を日本JCじゃがいもクラブに提出しなければならない。
又、退会の意思のある場合は別に定める退会届を会長あてに提出し、その
承認をもって退会とする。
第7条 加入じゃがいもクラブ会員が下記に該当する場合は除名することができる。
 (1)当クラブの目的に著しく背く行動のあった場合
 (2)当クラブの名誉を著しく傷付ける行動のあった場合
 (3)会費、その他の負担金を1年間納入しない場合
第8条 会員が退会(第6条)及び除名(第7条)された場合でも会員在籍中の会費
その他の負担金の納入責任は免れない。
   
第 2 章 会 議
第9条 会議は総会及び役員会とする。
第10条 役員会は会長が必要と認めた時、又は役員の2分の1以上の要請があった
時随時会長が招集する。役員会における議決権は理事が有し、その議事
は理事の出席過半数をもってこれを決する。
 (1)春季役員会(2月〜3月)
  通常、定時総会と同時開催、全理事が出席義務を有する。
 (2)各地区大会における役員会(4月〜11月)
  原則、当該地区担当副会長を筆頭として運営・開催。
  参加対象理事は、当該地区担当副会長以下、当該地区担当書記、当
該地区   担当競技副委員長及び競技委員、当該地区担当フェローシッ
プ委員、そして当  該地区担当役員であり、他の役員の役員会参加を妨
げるものではない。
 (3)全日本選手権大会時における役員会
  全日本選手権及びシニア選手権に参加する理事を対象者とする。
 (4)秋季役員会(11月)
  全理事が出席義務を有する。
第11条 総会は定時総会及び臨時総会とし、役員会の決定により会長が招集する。
第12条 定時総会は毎年1回2月より4月までの間に行い、臨時総会は必要の都度
招集する。
第13条 総会の招集は遅くとも期日の15日前に招集の日時・場所及び会議の目的
を記載して書面を加入クラブに発送しなければならない。
第14条 総会の議事は出席クラブの過半数をもってこれを決する。各JCじゃがいもク
ラブは均等に議決権を有する。可否同数の場合は議長がこれを決する。
総会は会長がその議長となる。次の事項は総会の決議を経なければならな
い。
 (1)当クラブの事業計画及び前年度の事業報告の承認
 (2)当クラブの収支予算の決定及び前年度の収支報告の承認
 (3)役員の選任
 (4)会員の除名に関する事項
以上のはか、当クラブ運営に必要な事項はすべて役員会にて決定する。
第 3 章 役 員
第15条 当クラブは下記の役員を置く。任期は1年とする。
 (1) 理事        99名以内
    監事         3名以内
    直前会長      1名
    名誉顧問    若干名
    顧問       若干名
    特別顧問      1名
    地区担当顧問  10名以内
 (2)理事のうち下記役員を置く。任期は1年とする。
    会長         1名
    副会長       3名以内
    キャプテン     1名
    名誉書記      1名
    名誉会計      1名
第16 条 会長は総会において選任される。
第17 条 直前会長・副会長・キャプテン・名誉書記・名誉会計・理事・監事・名誉顧問・
顧問・特別顧問・地区担当顧問の承認を得て会長が委嘱する。
第18 条 各役員の職務および執行業務は以下の通りとする。
 ・会長はクラブを代表し、クラブ内の一切を統轄する。
 ・副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代理する。また、各
  地区  (東・中・西)の責任者として、地区内の一切を総括する。
 ・キャプテンは当クラブの競技の総責任者として、競技委員長以下競技担
  当役員  の競技業務を取りまとめる
 ・名誉書記は、当クラブの情報管理、役員会等の議事進行、資料等の管
  理を含めた業務の一切の責任を取り、書記業務を執行する。また、各地
  区担当書記は名誉書記を補佐し、各地区大会時における役員会の運営
  を取り仕切り、必要に応じて地区内全役員の連絡調整を行う。
 ・名誉会計は、当クラブの会計一切の責任を取り、会計業務を執行する。
 ・名誉顧問、直前会長、顧問は当クラブ運営全般に関し、会長や副会長に
  対しての助言等を行う。また、監事は当クラブの運営及び会計を監査す
  る。
 ・特別顧問は当該年度の公益社団法人日本青年会議所正副会頭より1名
  を選ぶ。
 ・地区担当顧問は当該年度の公益社団法人日本青年会議所地区担当常
  任理事またはそれに準ずるものとする。
 ・競技委員長はキャプテンを補佐し、当クラブ主催で行う競技会の競技運
  営責任者とする。また、各地区を担当する競技副委員長と競技委員は
  競技委員長を補佐し、各地区大会の競技における運営業務に対し責任
  を持って遂行する。
 ・フェローシップ委員長は、当クラブ主催競技時および役員会時等の会員、
  役員相互の親睦をはかると共に、会員、役員の行動規範を示し実行を
  促す。またフェローシップ委員は委員長を補佐するものとする。
 ・広報委員長は広報委員と共に、HPの管理やさまざまな場面での広報活
  動を行う。また、対外活動時における窓口担当とする。
 ・各地区担当役員は、担当する地区内のLOMおよびLOMのじゃがいもク
  ラブとの連絡調整を行うこととする。
   
第 4 章 負 担 金
第19 条 年会費は1加入クラブ20,000円とし、3月末日までに当年度の会費を納付しなければならない。
第20 条 当クラブの会計年度は毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。
   
第 5 章 そ の 他
第21 条 本規約は、昭和46年6月1日より施行する。
       昭和60年1月 1日改正
       平成 3年3月 5日改正
       平成 7年3月 7日改正
       平成 9年3月11日改正
       平成11年3月10日改正
       平成13年3月 5日改正
       平成14年3月12日改正
       平成16年3月17日改正
       平成18年3月23日改正
       平成19年3月16日改正
       平成22年3月19日改正




               日本JC じゃがいもクラブ競技および運営規則
第1条 (競技規則本規定)
日本JC じゃがいもクラブで行う競技は、日本ゴルフ協会の競技規則および本規則の定めるところによりこれを行う。
第2条 (競技委員)
競技委員はすべての競技の運営に当たる。
第3条 (競技会)
1 .日本JC じゃがいもクラブ全日本選手権競技
2 .日本JC じゃがいもクラブシニア選手権競技
3 .西・中・東日本地区じゃがいもクラブ懇親競技(地区大会)
   (全日本選手権予選を兼ねる)
4 .全日本選手権競技内および各地区大会時におけるLOM 対抗戦
第4条 (資 格)
1. 競技に参加し得る者は、日本JC じゃがいもクラブに加入しているLOM
   の会員に限る。
2. 日本JC じゃがいもクラブ全日本選手権競技および各地区大会参加者
   は、ハンディキャップ(JGAハンディおよびJGA公認コ−スの倶楽部
   ハンディ)により制限する。
3. 未入会LOMからの参加希望者は,地区大会に限り大会会長の許可を
   得て出場できるが入賞資格は無いものとする。
4. 全日本選手権には参加資格を設け、参加資格は以下のとおりとする。

資格1 歴代全日本選手権者
資格2 前年度全日本選手権成績上位30位タイの者
資格3 当年度各地区大会(Aクラス)グロス20位タイの者
資格4 日本JCじゃがいもクラブの推薦を受けた者
資格5 主管LOMの推薦を受けた者
第5条 (競技方法)
1 .日本JC じゃがいもクラブ全日本選手権競技は、原則として36ホール・
   ストロークプレイとし、かつスクラッチ競技とする。
2 .各地区大会は、アンダーハンディ競技とする。
   また、参加人員の都合等により、ハンディキャップ別にA、B、Cクラス等
   に分けて開催することができる。
3 .シニア選手権は18ホールズ・ストロークプレーとし、かつスクラッチ競技
   とする。
4 .全日本選手権LOM 対抗戦は、事前に登録された4名または3名のうち
   上位3名の合計ストロークにより競う。
第6条 (成績順位)
1 .日本JC じゃがいもクラブ選手権競技において、1位が複数となった場合
   は、競技委員長の指定するホールにおいてサドンデス・プレーオフ方式
   で決定する。但し、日没または他の理由で、その日に競技不能の場合
   は、マッチング・スコアカード方式を採用する。マッチングホールは、競
   技開始前に決定しておくこと。
2 .LOM 対抗戦において3人合計スコアが同数の場合は、4人目のスコア
   を採用し、少ないストロークを上位とする。4人目が欠場の場合もしくは
   3名にて参加の場合は同順位中最下位となる。
3 .各地区大会においての順位は、原則として年長者を上位とする。(同
   ネットの場合)
第7条 (表 彰)
全日本選手権は、原則10位まで表彰する。
各地区大会は原則3位まで表彰する。
シニア選手権は原則3位まで表彰する。
LOM対抗戦は原則3位まで該当者全員を表彰する。優勝LOM は日本JC全国会員大会において表彰を受ける。
第8条 (その他)
その他の競技細則に関しては、役員会の承認を得て、大会ごとに追加・変更しても構わない。
附 則
この規則は、昭和60 年1 月1 日より施行する。
              平成 7 年3 月7 日改正
              平成13年3 月5 日改正
              平成22年3月19日改正
              平成23年3月25日改正