***全日本選手権大会、各地区大会    
     及びシニア選手権マニュアル
***

              大会準備年間スケジュール

このマニュアルは、日本JCじゃがいもクラブが主催する全日本選手権大会および各地区大会(東・中・西)開催についての要項である。

1. 全日本選手権大会
 イ) 年1回開催
 ロ) 開催時期  毎年8月〜10月までに行う

2. 各地区大会
 イ) 東・中・西日本地区大会とも年1回開催
 ロ) 開催時期  春期(4月〜7月)
 ハ) 開催日は各地区大会が重複しないように行う

3. 全日本選手権大会ならびに各地区大会開催の決定
 【開催立候補】
 イ)全日本選手権大会ならびに各地区大会開催を希望するLOMは、原則として開催
   立候補届出書を開催前年の総会前までに、日本JCじゃがいもクラブ宛に提出する
   ものとする。(別紙4−1を参照)特別の要望がある場合はこれを優先し、役員会で
   協議の上決定する。 
 ロ)特別開催に対する立候補がない場合、開催場所については、各大会終了後の役
   員会において次年度における適当な候補地を協議の上、当該地区の地区担当
   理事を通じ候補地のじゃがいもクラブ会長あるいはLOM理事長に対し、開催の
   依頼を行う。


----------------------------------------------------------------------
<資料1>
 
          日本JCじゃがいもクラブ 全日本選手権大会ならびに
                 各地区大会開催準備マニュアル

このマニュアルの準備スケジュールは、基本資料の大会開催マニュアルに沿って大会開催の準備をすすめていく上での、参考資料としてください。

大会開催準備スケジュール
開催前年
     総会(2〜3月)
     大会開催地立候補届け(別紙4−1)提出   開催LOM 承認
     各地区大会(4〜7月)
        次年度開催LOM 各大会会場にてPR  
     役員会(全日本選手権大会および各地区大会前日に開催)
        大会開催要項(別紙4−2)提出
        大会資料提出  協議
        各地区大会の議案協議は、地区大会ごとの役員会で協議
        全日本選手権の議案協議は、全日本選手権前日の役員会で協議
     全日本選手権大会(8〜10月)
        次年度開催LOM  PR
     役員会・臨時総会(11月)
        大会資料提出  協議・西日本地区大会は審議
        各大会報告書(別紙5)提出  報告

開催当年
     総会(2〜3月)注:その年の全日本選手権大会開催LOMにて設営
        大会資料提出  中・東地区大会および全日本選手権は審議
     現地調査(3〜5月)  コース視察・打ち合わせ
        地区大会においては、各地区役員が開催LOMと打ち合わせ
     各地区大会(4〜7月)
        大会前日、役員会にて微調整
        大会当日表彰式 各大会PR
     役員会(全日本選手権大会および各地区大会前日に開催) 
        大会内容微調整
     全日本選手権大会(8〜10月)
        全日本選手権大会
     役員会(11月)
        大会御礼・大会報告書提出(別紙5)


注意事項:提出資料の詳細につきましては、日本JCじゃがいもクラブ基本資料を確認の上担当役員に相談の上、各大会会長と調整を行ってください。
----------------------------------------------------------------------

4.大会会長並びに副会長
 イ)全日本選手権大会の大会会長は、日本JCじゃがいもクラブ会長とする。
 ロ)各地区大会の大会会長は、当該地区日本JCじゃがいもクラブ副会長とする。

5.大会前夜祭
  大会前夜祭は原則として行わない。

6. 大会開催についての連絡
 イ)各主管は各大会開催についての開催日時(上記期間中)、開催場所等が決した
   場合は、地区担当理事ならびに日本JCじゃがいもクラブ役員と緊密な連絡を
   取り、大会運営の万全を期す。
 ロ)開催案内状およびその他の資料3部を、日本JCじゃがいもクラブ事務局宛送
   付する。
7.参加資格と競技方法
  参加資格および競技方法については、日本JCじゃがいもクラブ競技および運営
  規則による。

8.競技規則
  競技規則については、別紙日本じゃがいもクラブ標準競技規則を参考にして作成
  すること。

9. ヤーディジセッティング
  (1)各地区大会     6,400ヤーディジ前後  パー72
  (2)全日本選手権大会  6,800ヤーディジ以上  パー72

10.組み合わせ並びにスタートの時間
 (1)4人を原則とし7分間隔とする。場合によっては、トップから順に数組を
   3名の組み合わせすることも考慮すること。
 (2)全日本選手権大会のスタート時間7:00が望ましい。(36Hの場合)

11.参加人員
 (1)各地区大会  180名迄 18Hストロークプレー アンダーハンディ
 (2)全日本選手権大会 100名迄 36Hストロークプレー スクラッチ
   ただし全日本選手権大会においてやむ得ず、27Hにする場合及び各地区大会に
   おいては27H以上のコースを使用する場合の参加者は、日本JCじゃがいもク
   ラブ担当役員と相談の上増員してもよい。

12.予算
   予算は参加者に負担のかからないように、また主管LOM並びに主管LOM
   じゃがいもクラブに多大な負担がかからないように配慮して決定する。
   (別紙3を参照)


13.大会の名称・標示
  (全日本選手権大会)
   20○○年度第○○回日本JCじゃがいもクラブ
   全日本選手権大会

   主   催:日本JCじゃがいもクラブ会長○○○○
   主   管:公益社団法人○○青年会議所 理事長○○○○
   大会会長:日本JCじゃがいもクラブ会長○○○○
   実行委員長:○○○○

  (地区大会)
   20○○年度第○○回日本JCじゃがいもクラブ
   ○日本地区大会

   主   催:日本JCじゃがいもクラブ会長○○○○ 
   主   管:公益社団法人○○青年会議所 理事長○○○○
   大会会長:日本JCじゃがいもクラブ副会長○○○○
   実行委員長:○○○○ 

14.表彰および商品
   全日本選手権大会
    (1) 優  勝 …… 金メダル
    (2) 2  位 …… 銀メダル
    (3) 3  位 …… 銅メダル
    (4)4位〜10位 …… メダル
   各地区大会
    (1)日本JCじゃがいもクラブ会長杯(AクラスNET優勝者に出す)
    (2)日本JC会頭杯(ベストグロス者に出す)
    (3)日本JCじゃがいもクラブ副会長杯(BクラスNET優勝者に出す)
    (注)A・Bクラスに分けない場合は、(3)は、NET2位者に出す。

  以上の賞品は、日本JCじゃがいもクラブから送付する。
  全日本選手権大会については、上記賞品および参加賞のみとする。
  参加賞については、各主管に一任する。
  各地区大会の場合、上記以外の賞品(例:主管JCじゃがいもクラブ会長杯など)
  および参加賞については、主管に一任する。
  (注1)参加賞等の内容について相談のある場合は、各開催地の地区担当理事あ
      るいは競技委員会に問い合わせること。
  (注2)各地区大会において、地区以外からの参加者が優勝した場合、優勝は認
      めず、その取扱いについては主管に一任する。

15.補助金
   日本JCじゃがいもクラブは開催費の一部を補助する。
   (前日の役員会で贈呈する。)
    (1)全日本選手権大会     500,000円を限度
    (2)各地区大会          300,000円を限度

16.大会終了後の報告
  (1)参加JCおよび人数、優勝および入賞者10位までと地区大会Aクラス 
     グロス20名タイの成績と氏名、住所、所属JCについて大会終了後
     2日以内に事務局(日本JC事務局内、担当係)までFAXで送付する
     こと。(別紙5)
  (2)決算書および、大会関係の写真は、大会終了後1ヶ月以内に事務局(日
     本JC事務局内、担当係)に報告し送付すること。

17.競技開催コース側との事前打ち合わせ
   日本JCじゃがいもクラブの担当役員並びに競技委員は、競技に先立って主管 
   JC実行委員長と開催コース状況を視察し、ヤーディジ・コースセッティング
   等について、コース管理者との事前打ち合わせを行うこと。

 【事前打ち合わせ事項】
  (1)コースセッティングおよびコンディション
     (グリーンの整備・ティーの指定・修理地・ハザート・ラフの範囲) 
  (2)スコアカードの作成依頼
  (3)競技規則ならびに特別ルールの作成(標準競技規則参照)
  (4)キャディの配属等クラブ側の受入れの状況の調査、フォアキャディの配置に
     ついて
  (5)スタートタイム、組み合わせ方法、マーシャル・タイムテーブルについて
    (別紙2を参照)
  (6)開催クラブの担当者と競技の運営について打ち合わせ
  (7)表彰式等の会場の設定(雨天の場合も考慮)

18.当日の競技管理
   スタート10分前にスターティング・ホールの競技委員席に着き、欠席の有無の
   確認
 イ)スタートの担当
  (1)組み合わせ表と競技用カードの照合
  (2)特別ルールの追加・変更があれば掲示
  (3)欠席者があればスタート組み合わせの変更の有無チェック
  (4)スタート5分前に組み合わせ表に従ってプレイヤーを呼び出し、マーカーを
    選任して競技用カードをマーカーに手渡す。(第一打者のマーカーは第二打者
    第二打者のマーカーは第三打者、以下これに準ずる)
 ロ)カードの受付
  (1) スコアカードの提出、受付として必ず2名以上が所定の場所に待機すること
  (2) カードのチェックは必ず2名以上で各々が別個にチェックすること。
                  (プレイヤーの氏名、マーカーの署名等)
 ハ)その他の役割
  (1)天候その他の原因によるプレイの中断または中止については、できるだけ早く
    その状況を把握し、適切な決定を行うこと。
    (雷雨についてはプレイヤーの判断によることもある。)
  (2)ルール上のトラブルについては競技委員長に連絡し処理すること。
  (3)重大な事項については委員長および委員の協議によって決定処理すること。
  (4)プレイの進行について留意し、スロープレイの疑いのあるものについては適切
    な処理を行う。
  (5)成績の発表は競技委員長が行うものとする。(別紙1を参照)
   (但し、各地区大会においては、主管JC側の競技委員長が行うものとする。)
  (6)主管JCじゃがいもクラブは全競技終了後、大会報告書を作成し、すみやかに
    日本JCじゃがいもクラブに報告すること。(別紙5を参照)
  (7)事前に日本JCじゃがいもクラブ競技委員宛て送付しておくこと。

19.その他、総合的な内容でご不明の点、また詳細については下記へお問い合わせ
   ください。(役員名簿参照)
  @ 総合的な内容について
     キャプテン、名誉書記、書記、地区担当理事
  A 会計について
     名誉会計、会計委員
  B 競技について
     競技委員長、競技副委員長、競技委員、
  C マナ−親睦について
     フェロ−シュプ委員長、フェロ−シュプ副委員長、フェロ−シュプ委員
  D その他
     日本JCじゃがいもクラブ事務局 矢田部
     TEL  03−3234−5601
     FAX  03−3234−5770

20. 本マニュアルは、平成7年3月7日より施行する。 
                         平成13年 3月 5日 改正
                         平成14年11月13日 改正
                         平成15年11月25日 改正
                         平成23年 3月25日 改正


参考バナー:






       日本JCじゃがいもクラブシニア選手権競技開催マニュアル

このマニュアルは、日本JCじゃがいもクラブが主催する日本JCじゃがいもクラブシニア選手権(以下本競技という)の開催についての要項である。

1・本競技は全日本選手権大会を主管するLOMならびにLOMじゃがいもクラブが主管
  し、原則として全日本選手権大会と同日、同会場で行う。

2・参加資格
本競技が開催される年の12月31日までに満55歳に達していて、日本JCじゃがいもクラブに加入しているクラブ会員とし、ハンディ−は問わない。

3・競技方法
18ホ−ルズ・ストロ−クプレ− スクラッチ

4・ヤ−ディジセッティング
6400ヤ−ド前後 パ−72

5・参加人員
9名以上

6・表彰および賞品
優勝は金メダル、2位は銀メダル、3位は銅メダルとし、日本JCじゃがいもクラブから送付する。

7・その他
競技運営全般については、「日本JCじゃがいもクラブ競技および運営規則」「日本JCじゃがいもクラブ標準競技規則」による。

8・本マニュアルは、平成13年3月5日より施行する。